資産が少ない人ほど米国株がお勧め

米国株を敬遠する理由として、「企業が良くわからない・・」という意見が多いのですが、実際には誰でも知る企業がたくさんあります。

NY取引証券所は世界一審査基準が凄い市場!そこに上場するだけでも最大手だと言われていますので、疑いを保ちすぎるのは少し勿体無い気がします。

また、個別企業だけでなく海外ETFという選択肢もあります。こちらは高配当銘柄や成長株、米国市場全体など、「多くの銘柄が一つにパッケージされた商品」なので、個別銘柄の知識は不要です。

さらに、米国株は原則として1株から購入できます(日本株は100株単位が主流)。誤解している人が多いのですが、日本株よりも投資に必要な最低資金は乏しいのです。

こういうページでは「米国企業は日本でも身近な存在で投資ハードルがちっちゃい」についてを紹介していきます。

米国企業の商品・サービスが、日本に溢れている。

株式投資は将来性が厳しい企業を購入するのが「儲けの王道」だ。

単純に言えば「流行りみたいな・・」「今後も需要が目立ちみたいな・・」という商品やサービスを見つけて、投資をすれば良いのです。

そのように考えると、日本企業よりも米国企業に投資をした方が良いと想う事は度々あるはずです。

例えばですが、アップル(AAPL)のiPhone。これよりも日本で話題になるスマートフォンがあるでしょうか?
最近の買い物はアマゾン(AMZN)で購入する事が多くなっていませんか?

参考までに、アップルは1年で株価が50%、アマゾンは30%上昇しています。
(2016年9月~2017年8月にわたり)

カフェに目を向ければスターバックス(SBUX)が賑わっていたり、ファストフードではマクドナルド(MCD)が業績を回復してきていますね。

思い付か事はアルファベット(GOOGL)のグーグル検索によって・・、買い物の支払いはVISA(V)のカードといった具合で、米国企業の商品やサービスがそこらじゅうに溢れている。

ここで、ぜひ考えてほしいのが上記に書いた米国企業よりも、今後伸びて赴きそうな日本企業がどれくらいあるのか?という事です。

「投資は将来性が良い企業を貰う」という考えが成功の近道だ。それが日本企業であれば日本株、米国企業であったら米国株を買えばいいのです。このようにシンプルに考えれば「米国投資は・・」なんて発想にはなりません。

テクニカル分析のやり方