低位株投資

私もお金持ちになった人達からこういう見極める方法を覚え、現在お金持ちに向かう道の途中にいらっしゃる。
ただ問題は、現在すでにお金持ちになっている人達といった人々とでは、かなりの差があり投資する対象がなるという事です。
彼らは既に多くのお金を持っているのでそれほどリスクを冒さなくても資金は増えていきます、しかし発展途上の私達は、ある程度のリスクを取って効率を重視する必要があると考えます。そこで彼らが初期の段階でどうしてお金持ちになったのかを調べていきました。

有名な『金持ち父さん貧乏父さん』の著者ですロバート・キヨサキ氏も、初めは価格の低い小型の株に投資していたと言っています。これはキヨサキ氏が、小型株は値動きが活発で、需給バランスが壊れ易く大量の買い注文が入ったところものすごく上向きを知っているからだと思います。お客様の多くは、日本を代表する任天堂やトヨタなどの最大手に投資しがちなのですが、実はものすごく値上がりするのは有名、無名に関係なく価格の少ない小型株なのです。

「低位株投資」

効率を重視した結果、私はこういう解答にたどり着きました。
(低位株の定義は人によって差があると思いますが、ここでは3万円以下で買える株と定義行う)低位株=アッという間にひしゃげる会社といったマイナスイメージがある方の為に補足しますと、今現在日本市場で売買もらえる銘柄の数は実は4000銘柄程度しかありません。
日本には260万社の会社がある中で上場しているのはたったの4000社だ。
そう考えるといくら低位株とは言え上場して株が売買できる状態にいるはエリート中のエリートというのが聞こえるかと思います。
低位株の中には、確かに倒産寸前の会社もありますがそればかりではありません。
小さいけれども財務基盤はしっかりしているところもたくさんあります。

投資のデメリットとは