長期投資と短期投資

短期投資は損失を早く、かつわずかな利益を激しく続けることができます。端的には、短期売買で利益を持ち上げるデイトレーダーの取引手法だ。一般には、短期売買は投機とも呼ばれ、どちらかといえばギャンブル的行為だ。

短期投資の利点は、

1日で利益を得られること
リスクを最小限に抑えられること

だ。いずれも上手くトレードできればの条件付きですが、いわゆるデイトレでは当日中に取引を完結してしまうため、翌日へポジションを持ち越さなくても良い点がメリットになります。

夜中に何かが置きて翌日値下がり・・・みたいな心配を抱えなくても良いのです。

しかし、一方で毎日の中での変動なんて、長期の値動きに比べたらたかが知れていらっしゃる。ゆえに、ものすごく利益を取れないが、広く損失を出す可能性も短いのが短期投資だ。

なお、短期投資で取引対象になりやすいのが、新興株など値動きのどぎつい銘柄だ。値動きの頂上(最高値)で買ってしまったら二度と値が戻らなくて大損、みたいな話はよくあります。

長期投資に比べてスピーディ判断が求められます。

大きな損失を握りしめ難いが値動きのおっきい新興株を売買するときは注意

長期投資の特徴

長期投資は安定的に資金を運用できます。長期投資は株式投資の王道であり、財産形成に向いている運用方法だ。

長期投資ではどの企業に投資するか設けることが重要です。成長している企業を見つけ、将来にわたり成長が見込める企業に資金を投資して利益を作ります。経済動向や市場動向、環境など様々な観点から投資先を見つけます。

トレンドや市場の変化に合わせ投資対象を置きかえる事も重要です。企業の成長性を見極め、安定的に利益を仕掛ける事が出来ます。

長期投資では、しばしば長期投資の名のもとに塩漬け銘柄を保有し続けて仕舞うデメリットがあります。将来成長すると考えていたり、優待目的なら良いとのですが、単に売れなくなってしまって「いかんせん」って誰かに相談したいなら、それは塩漬けだ。

カードローン自己破産について