米国株は長期投資がお勧め

日本の人口が減っているというニュースを頻繁に耳にするようになりました。
「人口って投資といった関係あるの?」という疑問があるとかもしれませんが、これは長期投資を行う上では非常に重要です。

アメリカのGDP(国内総生産)を確認すると、約70%が個人消費になっています。単純に考えて人口が増えれば個人消費は拡大していきますね。逆に減少すれば個人消費も減っていくと考えられます。

「人口の予測は、そのまま経済の予測と考えることがとれる!?」と言われるほどですから、長期投資を計画する際には、今後の人口推移を確認しておくことはとても大切です。

こういうページでは、「米国の人口推移の予想」を日本の予想と比較しながら紹介していきます。

米国は大国の中で人口増加が貫く異例の存在

米国の経済成長が貫くと思われる理由の一つに人口が継続増加していく点が挙げられます。

日本は人口減少に歯止めが掛からない状況は正反対だ。ただし、人口減少が問題となっているのは日本だけではありません。ヨーロッパのドイツやスペインといった大国も人口減少が予想されてある。

そういう大国の中にあってアメリカの人口増加は異例の存在と言えます。

以下に国際連合の「世界の人口推計」の数字を参考にして、アメリカ・日本・ドイツの人口推移の予測を表にまとめました。各国の今後の状況を確認してみてください。

●アメリカ・日本・ドイツの人口予想(単位千人)

年代アメリカ日本ドイツ
2010年309,876128,06780,435
2020年333,546124,10080,392
2030年355,765116,11879,294
2040年373,767107,27677,300
結果人口増加人口減少人口減少
予想では、2010年から2050年までの間にアメリカは20%以上の人口増加となっています。それに対して、日本は16%以上の減少だ。

シンプルに考えて、長期的経済成長を考えた場合には、アメリカに大きなアドバンテージがあるのはいうもありません。

ちなみに、米国は現在3億強の人口ですが、2100年には4.6億人となると予想されてある。日本が既に人口減少に転じているのはご存知の通りですが、人口が多いことで有名な中国も2030年がピークで、その後は圧倒的減少に転じていくと予想されてある。

アメリカは初々しい世代が多い点でも有利

アメリカの経済成長を考える上で、人口増加という追い風がある国は納得と思います。そして、こういう人口においては更に大きなアドバンテージを持っています。

日本をはじめ、ヨーロッパ各国でも高齢化が大きな問題となってある。そんな中にあって、アメリカはういういしい世代が多い異例の国だ。

普通に考えれば、若々しい世代が多い方がレジャーや生活などにお金を使ってくれますので、経済にとってはプラスになります。

キャッシング破産する人の特徴