米国株は長期投資がお勧め

日本の人口が減っているというニュースを頻繁に耳にするようになりました。
「人口って投資といった関係あるの?」という疑問があるとかもしれませんが、これは長期投資を行う上では非常に重要です。

アメリカのGDP(国内総生産)を確認すると、約70%が個人消費になっています。単純に考えて人口が増えれば個人消費は拡大していきますね。逆に減少すれば個人消費も減っていくと考えられます。

「人口の予測は、そのまま経済の予測と考えることがとれる!?」と言われるほどですから、長期投資を計画する際には、今後の人口推移を確認しておくことはとても大切です。

こういうページでは、「米国の人口推移の予想」を日本の予想と比較しながら紹介していきます。

米国は大国の中で人口増加が貫く異例の存在

米国の経済成長が貫くと思われる理由の一つに人口が継続増加していく点が挙げられます。

日本は人口減少に歯止めが掛からない状況は正反対だ。ただし、人口減少が問題となっているのは日本だけではありません。ヨーロッパのドイツやスペインといった大国も人口減少が予想されてある。

そういう大国の中にあってアメリカの人口増加は異例の存在と言えます。

以下に国際連合の「世界の人口推計」の数字を参考にして、アメリカ・日本・ドイツの人口推移の予測を表にまとめました。各国の今後の状況を確認してみてください。

●アメリカ・日本・ドイツの人口予想(単位千人)

年代アメリカ日本ドイツ
2010年309,876128,06780,435
2020年333,546124,10080,392
2030年355,765116,11879,294
2040年373,767107,27677,300
結果人口増加人口減少人口減少
予想では、2010年から2050年までの間にアメリカは20%以上の人口増加となっています。それに対して、日本は16%以上の減少だ。

シンプルに考えて、長期的経済成長を考えた場合には、アメリカに大きなアドバンテージがあるのはいうもありません。

ちなみに、米国は現在3億強の人口ですが、2100年には4.6億人となると予想されてある。日本が既に人口減少に転じているのはご存知の通りですが、人口が多いことで有名な中国も2030年がピークで、その後は圧倒的減少に転じていくと予想されてある。

アメリカは初々しい世代が多い点でも有利

アメリカの経済成長を考える上で、人口増加という追い風がある国は納得と思います。そして、こういう人口においては更に大きなアドバンテージを持っています。

日本をはじめ、ヨーロッパ各国でも高齢化が大きな問題となってある。そんな中にあって、アメリカはういういしい世代が多い異例の国だ。

普通に考えれば、若々しい世代が多い方がレジャーや生活などにお金を使ってくれますので、経済にとってはプラスになります。

キャッシング破産する人の特徴

長期投資と短期投資

短期投資は損失を早く、かつわずかな利益を激しく続けることができます。端的には、短期売買で利益を持ち上げるデイトレーダーの取引手法だ。一般には、短期売買は投機とも呼ばれ、どちらかといえばギャンブル的行為だ。

短期投資の利点は、

1日で利益を得られること
リスクを最小限に抑えられること

だ。いずれも上手くトレードできればの条件付きですが、いわゆるデイトレでは当日中に取引を完結してしまうため、翌日へポジションを持ち越さなくても良い点がメリットになります。

夜中に何かが置きて翌日値下がり・・・みたいな心配を抱えなくても良いのです。

しかし、一方で毎日の中での変動なんて、長期の値動きに比べたらたかが知れていらっしゃる。ゆえに、ものすごく利益を取れないが、広く損失を出す可能性も短いのが短期投資だ。

なお、短期投資で取引対象になりやすいのが、新興株など値動きのどぎつい銘柄だ。値動きの頂上(最高値)で買ってしまったら二度と値が戻らなくて大損、みたいな話はよくあります。

長期投資に比べてスピーディ判断が求められます。

大きな損失を握りしめ難いが値動きのおっきい新興株を売買するときは注意

長期投資の特徴

長期投資は安定的に資金を運用できます。長期投資は株式投資の王道であり、財産形成に向いている運用方法だ。

長期投資ではどの企業に投資するか設けることが重要です。成長している企業を見つけ、将来にわたり成長が見込める企業に資金を投資して利益を作ります。経済動向や市場動向、環境など様々な観点から投資先を見つけます。

トレンドや市場の変化に合わせ投資対象を置きかえる事も重要です。企業の成長性を見極め、安定的に利益を仕掛ける事が出来ます。

長期投資では、しばしば長期投資の名のもとに塩漬け銘柄を保有し続けて仕舞うデメリットがあります。将来成長すると考えていたり、優待目的なら良いとのですが、単に売れなくなってしまって「いかんせん」って誰かに相談したいなら、それは塩漬けだ。

カードローン自己破産について

投資信託を考える

今回は投資信託(インデックス投信)を例題に扱います。投資信託には以下のようなメリットがあります。

投資信託は長期投資に向いている
わざわざ売買する手間がかからない
リスクやリターンを組み合わせ次第でコントロールできる(2つ以上の投資信託を買うことで実現)
投資信託なら誰もが勝者に!?

一般に投資信託は個人向け国債以上、株式投資以下の利益を見込める。

株式では万人が利益を描き出すのは難しい一方で、投資信託なら万人が利益を出せる予想を秘めている。

投資信託なら「市場を丸ごと買える」ためで、「これから得する株」を選ぶ実力が問われないからだ。

投資信託なら「デイトレ」はしない

また、投資信託は毎日か数日間といった短期間でのアクティブなトレードが不要である点もメリットだ。

やはりこちらも、「ごく門外漢が日常的に試せる資産運用」として、妥当な選択だと筆者は考えます。

もし、「100万円を資産運用したい」って相談されたら、個人的には投資信託を訴えるでしょうね。

バイナリーオプションとFX

低位株投資

私もお金持ちになった人達からこういう見極める方法を覚え、現在お金持ちに向かう道の途中にいらっしゃる。
ただ問題は、現在すでにお金持ちになっている人達といった人々とでは、かなりの差があり投資する対象がなるという事です。
彼らは既に多くのお金を持っているのでそれほどリスクを冒さなくても資金は増えていきます、しかし発展途上の私達は、ある程度のリスクを取って効率を重視する必要があると考えます。そこで彼らが初期の段階でどうしてお金持ちになったのかを調べていきました。

有名な『金持ち父さん貧乏父さん』の著者ですロバート・キヨサキ氏も、初めは価格の低い小型の株に投資していたと言っています。これはキヨサキ氏が、小型株は値動きが活発で、需給バランスが壊れ易く大量の買い注文が入ったところものすごく上向きを知っているからだと思います。お客様の多くは、日本を代表する任天堂やトヨタなどの最大手に投資しがちなのですが、実はものすごく値上がりするのは有名、無名に関係なく価格の少ない小型株なのです。

「低位株投資」

効率を重視した結果、私はこういう解答にたどり着きました。
(低位株の定義は人によって差があると思いますが、ここでは3万円以下で買える株と定義行う)低位株=アッという間にひしゃげる会社といったマイナスイメージがある方の為に補足しますと、今現在日本市場で売買もらえる銘柄の数は実は4000銘柄程度しかありません。
日本には260万社の会社がある中で上場しているのはたったの4000社だ。
そう考えるといくら低位株とは言え上場して株が売買できる状態にいるはエリート中のエリートというのが聞こえるかと思います。
低位株の中には、確かに倒産寸前の会社もありますがそればかりではありません。
小さいけれども財務基盤はしっかりしているところもたくさんあります。

投資のデメリットとは

上昇が期待できる米国株

日本は少子高齢化や人口減少という問題がありますが、アメリカ反対で初々しい世代が多く今後も人口増加が貫くと予想されていらっしゃる。大国でこのような状況における国は極めて稀で、経済成長に対してアドバンテージを持っている事になります。

多くのエリートが「米国は今後も成長!?」って口にする理由には、アメリカが長期的に経済上昇の要素があるからです。投資というと「日本株」のイメージですが、「米国株」という将来期待がおっきい選択肢があることも頭に入れておいてほしいと思います。

今回は「米国株の上昇力、日本株との比較、資産形成に向いている理由」に関しまして紹介しました。米国投資を考えて要る人はぜひ参考にして下さい。

《米国株が注目される理由》
●高配当銘柄が多く長期保有に旨み⇒米国株の魅力は高配当!30年以上の連続増配が50社もある
●大国では異例の人口増加が継続⇒米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移がベスト

バイナリーオプションの攻略

リスクヘッジとしての米国株

米国株が上昇しても、円高に損をするという誤解?

米国株をはじめてとする海外投資には、円安に振れれば為替差益が得られるとうメリットがあります。
「今後の円安を期待して米国株の投資をはじめた!」という人も多いのではないでしょうか!?

また、反対に「万が一、円高方向に振れたらいかんせん?」という不安を抱えながら米国株を保有をしている人も見受けられます。こういうページでは、円高予想時でも利益が望める方法を説明します。

米国株という同額の米ドルを売建するだけで完了!

結論から言えば、FXによって円高対策を行います。FXと言うと「失敗して大損・・」というイメージもあるかもしれませんが、それは利益を追求した博打的手法を盗るからです。ここで紹介するFXは「為替変動から資産を続ける方法(リスクヘッジ)」で“お守り”ものの暖かい存在だ。

バイナリーオプション

資産が少ない人ほど米国株がお勧め

米国株を敬遠する理由として、「企業が良くわからない・・」という意見が多いのですが、実際には誰でも知る企業がたくさんあります。

NY取引証券所は世界一審査基準が凄い市場!そこに上場するだけでも最大手だと言われていますので、疑いを保ちすぎるのは少し勿体無い気がします。

また、個別企業だけでなく海外ETFという選択肢もあります。こちらは高配当銘柄や成長株、米国市場全体など、「多くの銘柄が一つにパッケージされた商品」なので、個別銘柄の知識は不要です。

さらに、米国株は原則として1株から購入できます(日本株は100株単位が主流)。誤解している人が多いのですが、日本株よりも投資に必要な最低資金は乏しいのです。

こういうページでは「米国企業は日本でも身近な存在で投資ハードルがちっちゃい」についてを紹介していきます。

米国企業の商品・サービスが、日本に溢れている。

株式投資は将来性が厳しい企業を購入するのが「儲けの王道」だ。

単純に言えば「流行りみたいな・・」「今後も需要が目立ちみたいな・・」という商品やサービスを見つけて、投資をすれば良いのです。

そのように考えると、日本企業よりも米国企業に投資をした方が良いと想う事は度々あるはずです。

例えばですが、アップル(AAPL)のiPhone。これよりも日本で話題になるスマートフォンがあるでしょうか?
最近の買い物はアマゾン(AMZN)で購入する事が多くなっていませんか?

参考までに、アップルは1年で株価が50%、アマゾンは30%上昇しています。
(2016年9月~2017年8月にわたり)

カフェに目を向ければスターバックス(SBUX)が賑わっていたり、ファストフードではマクドナルド(MCD)が業績を回復してきていますね。

思い付か事はアルファベット(GOOGL)のグーグル検索によって・・、買い物の支払いはVISA(V)のカードといった具合で、米国企業の商品やサービスがそこらじゅうに溢れている。

ここで、ぜひ考えてほしいのが上記に書いた米国企業よりも、今後伸びて赴きそうな日本企業がどれくらいあるのか?という事です。

「投資は将来性が良い企業を貰う」という考えが成功の近道だ。それが日本企業であれば日本株、米国企業であったら米国株を買えばいいのです。このようにシンプルに考えれば「米国投資は・・」なんて発想にはなりません。

テクニカル分析のやり方

米国株は高配当

投資を行う目的には値上がり益の期待もありますが、配当も大きな魅力。

やはり、銘柄を見出すまま配当って気になりますよね?お客様の多くは高配当な銘柄で安定期な運用をしたいと考えているので当然の話です。

高配当銘柄を購入したい人において、米国株は最優先の選択肢と言っても良いかもしれません? まさに米国株を運用している人の中には、配当だけで生活をしておる人もいる。

こういうページでは、米国株の高配当、連続配当の魅力に関しまして紹介していきます。

米国株は増配を継続 50年連続増配の企業も!

配当目的で投資で行なう場合には、肝として企業の存続性があります。そう考えると大企業の方が安心なのですが、日本市場ではその選択に限りがあります。

購入時に高配当であっても、数年後に減配になったり無配に転じては意味がありません。配当目的で投資を行う時は、「長期で安定的に配当を支払える企業」という事が不可欠だ。

米国では企業規模に関係なく配当を重視する傾向があり、財務が盤石な有名最大手もおっきい配当が見込める。その事はダウ構成銘柄30社の配当実績の推移にも現れています。

グラフを見ると分かると思いますが、配当金が減少したのは史上最悪の危機というリーマンショックの影響があった時だけで、基本的に尻上がり状態です。

しかも、米国最大手のデータを調べたところ、30年以上も連続増配を継続している企業が約50社もありました。ちょっと日本市場では考えられない話ですね。

FXバイナリーオプション

30歳から始める資産運用

20代や30代が資産運用を始めようとした時、その最初の金額として100万円を挙げるほうが多く見られます。

本当は、資産運用は毎月最低100円から開始できるのですが、どうしても資産運用は一定の大金を用意して作るものとの印象が力強いとも感じますね。

100万円を運用しようとして不安に感じる点に、

その100万円を何に投資するか
何に投資すれば損をしにくいか or たくさん利益をやれるか
100万円まとめて投資すべきか or 小分けとして少しずつ投資すべきか
といったところがあるかと思います。

そこで以下では、投資信託の長期投資を例に、100万円を運用したときの将来成績を考えます。

も、個人的には100万円貯める前に、毎月10000円の積立投資を通じてほしいなとしてある。

バイナリーオプション